« 世界をまたに掛けた | トップページ | 16区 その2 »

16区

今月の3日の夜、予約していた「ヴィンテージ シュトーレン」が私の大好きな16区から届きました

11月の終わりから少しづつ切り分けてクリスマスを迎えると言うドイツの伝統菓子のようです。

昨年、16区からのお便り、初の試みで約1年間寝かせた(廃線となったトンネルで熟成させた)シュトーレンが気になりつつも、高級菓子なのでどうしようかと迷っているうちに、予約をし忘れ、商品は完売昨年は食べることが出来なかったので、今年は、悩まずすくに予約をしました

「ヴィンテージ シュトーレン」には、シリアルナンバーがついており、私の手元に届いた番号は「№00191」でした

宅配の箱を開けると、幅広のベルベットのような生地にサイドにはビーズっぽい丸い粒粒の装飾の付いたリボンがドーント木箱に巻かれた素敵なラッピングでした

なんて素敵なんでしょう食べる前から嬉しくなりました

食べた感想はまた明日

|

« 世界をまたに掛けた | トップページ | 16区 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16区:

« 世界をまたに掛けた | トップページ | 16区 その2 »