« 16区 その2 | トップページ | リース »

シュトーレン

昨日、の続きですが、「ヴィンテージ・シュトーレン」は、簡潔に味を表現すると濃厚な味と香りです。

只、このもの自体の香りをかいだだけでは、正直「これ大丈夫なの」と思いましたが、口に入れた瞬間魔法がかかったかのようにその不安は一掃されました「おいしい~美味しいのです

シュトーレンの表面には、たっぶりの粉糖で覆われていて、時間をかけて、じっくり熟成された分、その表面の粉糖にお菓子の旨みがしみ込んでいて、これをなめただけでも美味しいんです言い知れぬ、満足感があり、驚きがあります

生地の中に練り込まれている洋酒に漬け込まれたドライフルーツの味がまた絶品ツンとしたアルコール臭が抜けているので、ドライフルーツの濃厚なフルーティーさを味わえました

生地の水分は、粉糖に吸われているため、しっとりと言うよりぱさついた感じではあるのですが、これが口溶けが良く、おもしろい感触に仕上がっています

これには、深煎りのコーヒーがいいですね。私は、パプアニューギニアのシグリ農園の深煎り、ブラジルのマカウバデシーマ農園、ケニアのイアガス農園、コロンビアのオズワルド農園をそれぞれ違ったコーヒーを試しにあわせてみましたが、どれも正でした

また、来年是非食べたいですね。そして、大切な方への贈り物として、豆乃木のコーヒー、それもこのヴィンテージ・シュトーレンには、「クリスマスブレンドの冬の夜」とあわせると最高だったので、これをそえて贈りたいと思いました

クリスマスブレンド「冬の夜」は、12月16日から販売いたします。お楽しみに

なお、12月15日(月)は、13:00からの営業となります。お急ぎのところ申し訳ございませんm(_ _)m

|

« 16区 その2 | トップページ | リース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトーレン:

« 16区 その2 | トップページ | リース »