« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

素敵な調べのご案内

私のお友達の一人に九州交響楽団で活躍されているヴィオラ奏者の山下さんという素敵な紳士がいらっしゃいます。

山下さん自ら、立ち上げた「Yamaちゃんのおしゃべりコンサート」を定期的に行っており、毎回素敵なゲストを招き、様々な楽器の特徴ある音色を楽しむ事が出来る、少人数で贅沢にもプロの生演奏を至近距離で聞くことの出来るコンサートです。

私は、第1回目から数回お伺いさせてもらっていますが、毎回違った楽曲を楽しめるので、いつもわくわくしながら行っています。

おしゃべりコンサートと命名しているだけあって、山下さんはおしゃべりがとても上手で、楽しいので、お話を聞くだけでも、愉快で楽しいひと時です。

この度、通常のYamaちゃんコンサートよりゴージャスなコンサートが、行われるお知らせを受けましたので、興味のある方は、是非行ってみて下さい。

「Yamaちゃんのおしゃべりコンサート」

日時・・・2009.5.4(月)19:00開演(18:30会場)

場所・・・あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2-5-1福岡市健康づくりセンター10階)

入場料・・・1,500円(全席自由席)

曲目・・・・*ヴェニアフスキー:エチュードキャプリスより

*ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンの為の協奏曲を今回、ヴィオラ4重奏で演奏 これは、なかなか聴くことが出来ないので個人的には、一押しです。以前、一度やまちゃんコンサートで聞きましたが、あの感動は今も残っているほどです

その他数曲。演奏者やその他の詳細については、アルトクレフ大濠に直接お問い合わせください。

アルトクレフ大濠 (092-725-1348)

http://altoclef.jp までo(*^▽^*)o

| | コメント (3)

ゴールデンウイーク中の営業

お知らせしておりませんでしたが、ゴールデンウイーク中のお休みは、暦どうり日曜と祝日のお休みとさせていただきますm(_ _)m

4月30日と5月1、2日は通常どうり営業しておりますので、どうぞご利用下さいませ。

お待ちしております。

| | コメント (2)

寺井尚子 カルテット

今週、ビルボード福岡で行われた「寺井尚子カルテット・アダージョツアー2009」に行ってきましたo(*^▽^*)o

寺井さんは、ジャズ・ヴァイオリンニストとして活躍されているとても素敵な女性です。近くで見る寺井さんは、とっても細くて、キュートheart04な女性でしたが、腕の筋肉が割れていて華麗な演奏もある意味、アスリートさながらの体力が求められるものなのかもと思いました。

アノの北島直樹さん、コントラバスの店網(タナアミ)邦雄さん、ドラムの中沢剛さん達との迫力ある演奏は、久々に、音楽での感動と興奮を味わいましたhappy02shine

たくさんの演奏曲の中で、サラブライトマンとボォチェレとのドゥエット曲「タイムトウセイグッバイ」を演奏してくれ、自分の大好きな曲が生演奏で聴けたのは本当に嬉しかったです。(豆乃木のお客様の何人かの方は、私がこの曲が好きなのを知ってますよねwink同じくこの曲が好きな方も何人かいらっしゃいましたねhappy01)まさか、この曲を演奏してくれると思ってなかったので、鳥肌が立つくらい嬉しく、深く感動しましたweep

寺井さんのアルバム曲の「スターダスト」は、とろけそうなくらいいい曲です。機会があれば、是非お聴きください。

ジャズや、リズミカルなテンポの良い曲が多く、クラシックコンサートと違って、じっと静かに音楽を聴くと言うようなものではないので、演奏者もノリノリで終始笑顔で演奏ですので、こちらまで、リズムを刻みながら笑顔で迫力ある素晴らしい演奏を楽しむことが出来ました(≧∇≦)

座席も一段高い、シート席でしたので、何もさえぎるものも無く、まるで、自分の為だけに演奏してもらえてるような贅沢なひと時でしたnote

| | コメント (0)

新豆入荷 マラウイ「ミスク」

昨年は、豆の状態がよくなかったので販売できなかった「マラウイ」が入荷しました。

マラウイは、アフリカ大陸のタンザニアの隣国です。

タンザニア国境近くで、マラウイ最北端のミスク高地にある小農家の豆で、ムズズコーヒー農協連合のひとつです。ミスクは、南部タンザニア国境に近い為、他のマラウイとは違った味の傾向があるようですが、甘い酸を持ちとてもマイルドなコーヒーです。

是非、一度お楽しみ下さいconfident

| | コメント (0)

穀雨(こくう)

今日、4月20日は暦の上では、穀雨というんだそうです。

お友達から送られたメールにこの言葉があり、ちょっと調べてみました。

日本には、四季がありその中でも、細かく24の季節をあらわす言葉がありそれを「二十四節気」と言うそうです。

穀雨(こくう)とは、4月20日ごろから立夏までの期間で、穀物の成長を助ける雨のことだそうです。「春雨降りて百穀を生化すればなり」と言う言葉があるように大切な時期の雨なんですね。う~ん、お勉強になりました。

ちなみに立夏は5月6日頃をあらわすようです。

| | コメント (0)

キリの花

桜の花に変わり、豆乃木の店内から足立山を眺めると真正面に大きな「キリの木」が2本ほど、たくさんの花をつけているのが見えます。

薄紫色の5cmほどの筒状の花が幾つかくっつきあって咲いていますので、桜のようにモコモコした感じですが、上に向かって花のついた枝がまっすぐ伸びています。花びらの表面は短毛で覆われて、手で触るとごわごわと言うかサクサクした感じと言うか、お顔に当たると、心地よくない感触です。(桜の花びらはさらりとしていますが)

この花の香りを初めてかいだのが4~5年前の佐賀の嬉野の山中でした。

茶園を捜し求めて車で山道を走行中、道にたくさんの薄紫色の花が落ちており「キリの花」だと直感した私は、車を止め、落ちている花を拾い上げて香りをかぎました。甘~く、爽やかで何ともいえないいい香りで、あまりの香りの良さに興奮してしまいました。身近なお花の香りでたとえるとフリージアに近いですね。上品で、とってもスウィートheart04 キリの花の咲いている周辺には、本当に良い香りが漂っていました。

キリの花の表面には短毛がありますので、肌の弱い方は、直接お花に触れないほうが良いと思いますので、気をつけてくださいねwink

| | コメント (0)

夏の新製品のお知らせ

来週の4月13日(月)より夏季限定の新製品を販売いたします。

その名も「涼珈(りょうか)」・・・リキットタイプのアイスコーヒーです。

このリキット珈琲のために作った、豆乃木のブレンド珈琲豆を老舗の珈琲工場にお願いいたしまして、1000mlのパック詰めに仕上げていただきました。ネルドリップで丁寧に抽出された、すっきりとして切れのあるアイスコーヒーです。もちろん、スペシャリティコーヒー(世界トップクラスの珈琲豆)なので味も香りも良い珈琲に仕上がっております。このリキットタイプは、冷やしてグラスに注ぐだけのコーヒーです。お好みで、氷を入れたり、ミルクやシロップを入れてお召しあがりください。

これから暑くなりますので、よろしければどうぞご利用下さいませ。

只今、「涼珈」の試飲をご来店時にお出ししています。

価格は、1000ml入り¥680です。

4~5人分はありますので、本格的なアイスコーヒーを一人分170円で楽しめますよ。おうちカフェいかがですかo(*^▽^*)o

| | コメント (0)

魚庵 千畳敷

今年は、桜の開花が例年より早く、いつまで桜がもつのかなと、心なしか寂しいような、悲しいようなそんな思いで桜を見ていました。でも、桜が咲き始めてから程なくして訪れた、寒気のお陰で、長く楽しめていますねヽ(´▽`)/

北九州市若松区の「魚庵 千畳敷」に食事に出かけました。

急遽、予約をして出かけたお店でした。私は、初めて訪れるお店でしたのでどのようなところなのか全く知らず訪れたのですが・・・・ここが、まあー見事な桜が満開で、夜の暗がりにライトアップされた桜の木々が、とても綺麗でしたshine

連れて行ってくれた方は、このことを知っていたらしく、私に対してのサプライズだったようです(≧∇≦)私は、素敵な光景に感激!その感激ぶりを見て、一緒に行った方も喜んで微笑んでいました(o^-^o)

大人の優雅で、風情ある夜桜を楽しむことができました。個室からも雪見障子を開ければ見事な桜が見えるのですが、夜で寒かったので、室内からは少し楽しんで、お腹いっぱいお料理を食べましたヾ(´ε`*)ゝう~ん、満足!!

お見送りをしてくださった、仲居さんが、「ここの桜は樹齢40年なんですよ」と教えてくださり、今まで、どれだけの人が私と同じようにこの桜たちを見て感動したのかと思うと、美しく咲いてくれている桜の存在感のすごさを感じました(*^.^*)

| | コメント (2)

エビスさんのクワトロ

桜の花が綺麗ですね。心も体もうきうきしますo(*^▽^*)o

私にとっての特別な日のお昼に、贅沢にも「エビス」さんのクワトロを注文しました。親切に、ご主人が私の好みを聞いてくださり、特別仕様のクワトロを準備してくれました(v^ー゜)ヤッタネ!!ありがとうございました。

エビスさんのクワトロは、品数が多く、ボリュームもあるので、あれだけの内容で1,300円は本当に安いです! 内容的には、何処かのレストランのランチで2,500~3、000円はする内容なので、お得に本格的なお味を自分の好きなところで食べれるのでいいですよwink

ワインを飲みながら食べれると最高だったと思いました。しかし、仕事中のランチでクワトロを食べたのでさすがにワインは無理。

なので、ここは珈琲屋の発想で、コーヒーをワインにたとえてお料理と合わせてみました。

えーっ、思うかもしれませんが、これが結構いけましたのでご紹介します(・∀・)イイ!

ホタテのマリネと自家製の野菜のピクルスには、エルサルバドルを試みました。酸味の具合がほど良くマッチしてよかったです。

赤ワインで煮込んだひき肉をペンネに絡めた物と、塩ケーキ、キッシュは、ブレンドのショコラとあわせました。特に、ペンネとキッシュは、素材の味と香りがショコラを飲むことで、すごく引き立ったので驚きました。発見です!!チーズとの相性がとてもよいようです。

メインのサーモンには、自家製のタルタルソースがかかっており、タルタルソースだけでも十分おかずになるような、ものでした。サーモンもふっくら焼けており少し時間を置きましたが、美味しく完食しました(* ̄ー ̄*)サーモンには、ガテマラをあわせました。最高でした。good

エビスさんのクワトロは、出来立てを準備してくださるので、是非、ご予約を!!ご注文個数にもよると思いますが、1時間前までに予約されたほうがいいとおもいます。詳しくは、エビスさんにお尋ねください。

「ナチュラルキッチン エビス」Tel・・・093-931-5231

| | コメント (2)

愛宕神社・・いわい餅・・

桜が綺麗なこの季節。私は、大好きですhappy01

先月の終わりに、お花見に出かけました。

今年は、福岡市の愛宕神社に行ってみました。

愛宕神社を訪れるのは、初めてでしたが、福岡市内の桜の名所としてよく紹介されている場所でしたので、行ってみました。

が、・・・・・寂しすぎるΣ( ̄ロ ̄lll)う~ん、どうなの???せっかく、当店の春ブレンド「さくら」を飲みながらお花見しようと思って持ってきたのに・・・・予想外だった為、少々ショック。ただ、桜の数はかなり少ないですが、焼肉のにおいがしないので、ある意味貴重な場所かも知れません。

神社の境内の入り口(ほぼ山のてっぺん)に「いわい餅」「ぜんざい」等の看板のあるお茶屋さんがあったので、よってみました。そこには、ライトアップされた大きな桜の木が豪華に花を咲かせ、そよ吹く風に花びらが、豪快に散ってそれはそれは見事でしたshine

店内の桜が良く見える席は、ご予約席でしたので、私たちは、外のお茶席でお茶をしました。夜で、寒かったので外の席は私たちだけでした。

お店の方に、お勧めをお伺いしたところ、「うちの焼餅を是非食べてください!!梅が枝餅より絶対美味しいです!!」とのこと。スタッフの方の、熱意に「それなら、そのおすすめをください」と注文しました。

大納言餡1ヶ¥200とぜんざいのセットを頼みました。

お茶をすすりながらしばし桜の美しさを楽しんでおりましたconfident時々吹く冷たい風も桜の美しさと、沢山歩いたお陰もあり、気持ちよく感じました。

店員さんが焼きあがった、あつあつのお餅を小走りで持ってきてくれました。

「焼きたての食感を味わってもらいたいので、これだけ先にお持ちしましたhappy01」との事。さっそく、いただきました。

「いっただきます」happy01これが、一口食べてビックリ!!!!美味し~いんです(≧∇≦)皮がサクッとふんわりしていて歯切れがよく、中の粒餡とのからみ具合がとてもよく、思わず、目を真ん丸くして、「美味し~いhappy02heart04」と絶賛してしまいました。

ぜんざいもこれまた美味しくて~(o^-^o)ぜんざいには、あんこの入っていないお餅を自分でちぎって入れて楽しむのですが、まず一口は、添えられたお醤油につけて食べ、残りをたっぷりの小豆の入ったおわんに浮かべてパクリdelicious

ぜんざいに添えられた、シソ茶と昆布の佃煮も美味しかったですよ(*゚ー゚*)何もかも、美味しかったです。

焼き餅は、時間が経つと硬くなるそうなので、是非、是非、愛宕神社まで行ってこの美味しさを味わってください。サクふわ食感を是非!

普通のお餅のように、ねっとりビヨーんと伸びないので、高齢の方にもおすすめです。

お店の名前は「甘味茶屋 岩井屋」さんです。桜の時期は、夜遅くまで営業しているそうですが、通常は18:30オーダーストップとの事です。お店の方たちも感じがよく、爽やかです。

持って行った春ブレンドの「さくら」は、桜の見えるところで飲みました。自分で言うのも変ですが、香りも良く、美味しかったですwink桜の花の下でこのコーヒーを飲んでみて、桜のイメージにピッタリの香味に驚きました。「さくら」を作ってよかった~!!と思いました。

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »