« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

6月のお休み


2018.5.26
写真は、今日の我が家の朝ご飯です。私はご飯(お米)が好きなので、朝は、おおむね和食です。


=6月のお休み=

◎定休日:日、月、祝日

◎臨時休業日:6月12日(火)

|

吉祥寺でカフェ巡り










2018.2.25

先週の出張の際、吉祥寺にお住まいのお客様と、ランチをしつつ、コーヒー屋さん巡りをしました。

アーケード街には、沢山の昔からのお店があり、歩くだけでも楽しく、通りに出ると、小さなお店屋さんがどこまでも続いていて、多くの人で賑わっていました。

老舗のお店屋さんもありつつ、新しいお店も沢山あり、幅広い世代方々が訪れ、楽しめる街だと感じました。

通りのあちこちに、自家焙煎のお店があり、焙煎している香ばしい香りが、あちらこちらから漂ってきました。
コーヒーは、それぞれのお店の特徴が楽しめ、美味しかったです。





|

Japan Hand Drip Championship 2018


2018年のチャンピオンが誕生しました(中央のストライプのシャツの方)

センサリージャッジは、外部からの隔離された部屋で審査します。

2018決勝審査員

2018.5.18

5月15日に東京都台東区にて、ハンドドリップの決勝戦が行われました。

全国の予選を勝ち上がった、13名の方々の中から、今年のチャンピオンが誕生しました。

今年のチャンピオンは、Un Cafe Sucre㈱Cafe Sucreの深浦 哲也さんです。
おめでとうございます

決勝の舞台は、独特の緊張感と、プレッシャーの中で、選手でしか体感できない空気感を感じながら、競技を行うようなので、強いメンタルと、気配り、目配り、瞬時の判断力、正確性、清潔感、フリー競技は、プレゼンテーションを行いつつ、コーヒーの抽出を行いますので、ありとあらゆることに気を配りながら、決められた時間内に競技を終わらせるのは、かなりのレベルが要求されます。

様々な要素が関係してくるので、自分の持っている力をこの場所で十分出し切るのは、並大抵なことではないと思います。
練習を積み重ね、何時ものようにできた方、残念ながら力を出し切れず悔しい思いをされた方、様々だと思います。

予選では、選手の皆さんが抽出をしているところを、液体を審査するセンサーリージャッジは、見ることが禁止されているので、絶対にその様子を見ること、また誰が淹れているか知ることも出来ませんが、
決勝では、フリー競技に限り、プレゼンを受けながら、実際にどのようにしているのかを目の前で見ることが出来ます。
貴重な、機会ですが、選手の目の前でその様子を見ますので、緊張感がヒシヒシと伝わってきます。

今年も素晴らしい選手の皆様の、美味しく丁寧に抽出されたコーヒーを口にできたことに感謝でした。





|

ご来場、ご来店ありがとうございました

ご来場、ご来店ありがとうございました
ご来場、ご来店ありがとうございました
写真は、お客様から頂いた、当日の様子を撮ったものです。
2018.5.13

3日、4日共に、強風の中での野外イベントでしたが、本当に沢山の方が北九州フェスティバルへお越しくださいました。

長い時間、豆乃木のコーヒーを飲むために静かに並んでいただき、お待ちいただいたことを心から感謝いたします。
そして、長い時間お待たせして申し訳ございませんでした。

皆様、ありがとうございました。




|

5月3日、4日のお得な詰め合わせ


2018.5.1

小倉井筒屋の本館と新館の間のクロスロードで行われる
「北九州コーヒーフェスティバル」では、豆乃木のブースにて、限られた種類ですがコーヒー豆と涼珈の販売をいたします。

そして、目玉商品として、お得な詰め合わせを数量限定で販売いたします。

皆様のご来店をお待ちしております。

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »